2014年06月07日

ゲーム背景のつくりかた(?)

ツイッターでもちょっと触れたのですが
ゲーム背景の話です。

【百五十年目の魔法使い】ですが、ゲーム背景は基本的に写真を使用することにしています。
BG_10A_00.jpg
こちらは、通学路候補の写真。
このまま…だとちょっと違和感ありそうですね。

基本的にやることはレンズ補正を加えたり
(フォトショップの機能でも補正できますし自分で補正したりも)
彩度を上げたりします。
彩度上げるのは、キャラが彩度高いからなので、落ち着いた色合いのキャラのゲームだと
彩度上げなくてもいいかもしれません。

BG_10A_01.jpg
アフターがこちら。

だいぶ…背景っぽくなったでしょうか…!

緑の部分は、そのまま使うとリアルすぎるのでちょっと加工入れると良い感じです。
私の場合はカットアウトなどの加工を施しています。



時間帯差分は
彩度を上げていたレイヤーはすべて一旦外してしまうか、
青や緑などだった覆い焼きのレイヤーの色をオレンジ色に変更します。

光の加工沢山入れてそれらしく。
BG_10A_02.jpg
夕方。だいぶイメージ変わりましたでしょうか。


夜は…すべての覆い焼レイヤーを外します。
影があまり濃く出てしまっている部分は、他の色となじむように
ちょっと色を変更してみたりなどなど。
あまりこだわらなければ、濃い青を全体に乗算してしまって光ってそうな部分に
覆い焼きで明かりを入れてしまえばなんとなくそれらしく見えそうな…

夜はこちら。
BG_10A_03.jpg


という感じでぼちぼちと背景制作中です。
プロの背景絵師さんからするとだいぶ邪道というか、全然なってないから!とか言われそうですが…。
同人ゲームなので極力、自分でできるところは自分で作る!が目標なので頑張ります。
posted by みけおう at 06:20| みけおうのひとりごと